スケジュール管理・時短生活

ワーママの自由時間を確保せよ!【スケジュール管理のコツ8選】

Schedule-management-Tips1

 

悩むママ
家事・育児・仕事と休むひまがない。
悩むママ
たまには一人でゆっくりしたい。
悩むママ
仕事が終わらず、家に持ち帰っている。

 

こんなお悩みありませんか?

 

今回は、ワーママのためのスケジュール管理のコツをご紹介します。

 

この記事を書いている私は、節約歴15年の40代ワーママです。

浪費家だった私が節約に目覚め、頭金をためて、マンションを購入することができました。

現在は投資活動もスタートして3年目、ようやく20万円の利益がでるようになりました。

私と同じようなワーママさんのお役に立ちたいと思い、ブログを運営しています。

 

本記事の内容

 

スケジュール管理のコツは、

1.スケジュール管理の目的を明確にする

2.スケジュール管理のツールを決める

3.年間の大事なイベントを入れる

4.月ごとに、具体的な日程に落とし込んでいく

5.1日単位で、毎日のルーティン時間を入れる

6.空いている時間にスケジュールを入れる

7.削れるスケジュールを探し、交渉・代用する

8.毎日スケジュール管理をして、見直す

 

それでは、早速いきましょう。

 

1.スケジュール管理の目的を明確にする

まず、あなたのスケジュール管理の目的はなんでしょうか。

このような目的でしょうか。

・人との約束
・旅行、レジャーの予定
・仕事の予定
・プライベートの予定
・勉強の予定
・副業の予定
・将来の夢を実現する為、目標管理

 

しかし、予定をたくさん入れたくても、

ワーママは、家事・育児・仕事と忙しいし、

子供、夫、仕事を優先にして、あきらめてしまうこともありますよね。

「自由時間がなにもない」というママもいるかと思います。

 

自由時間がない

疲れがとれない

ストレスがたまる

 

このループになってませんか?

 

でも、スケジュール管理を見直すことで、改善できます。

ワーママにとって自由時間は、自分をリラックスさせる貴重な時間です。

好きなこと、やりたいこと、将来の夢、これから実現したいことなど、本当はたくさんありますよね。

今回のスケジュール管理の目的は、
スケジュール管理をして、ワーママの自由時間を確保する事です。

 

2.スケジュール管理のツールを決める

まずは、スケジュール管理のツールを決めましょう。

今回のスケジュール管理では、

変更しやすいジタルツールがおすすめです。

ですが、普段、手帳派でしたら、
手帳でスケジュール管理でも問題ありません。

手帳は、バーチカル表示のある手帳がおすすめです。
変更がたくさん入りますので、筆記用具は消せるボールペンがいいと思います。

デジタルツールは、

Googleカレンダーがおすすめです。

スケジュールは、それぞれ色分けしたほうが見やすいです。

私はGoogleカレンダーで

スケジュールを6つ管理してまして、

色分けはこのようにしています。

①プライベート:ピンク
②子供:黄色
③会社:青
④家(家事や支払い):緑
⑤夕飯のメニュー:黄緑
⑥ルーティン:グレー
※後ほど、ルーティンの説明をします。

 

自分の好きな色をプライベートにして、
他の色も決めておきましょう。

 

こちらもCHECK

【ワーママのスケジュール管理】は、Googleカレンダーで簡単、節約にも

  悩むママ子供の学校行事がコロナでまた変更。 変更ばかりで手帳のスケジュール欄がグチャグチャ。 悩むママ子供と病院きたのに、手帳を忘れてしまった。 次の予約、来週のこの日は空いてたっけ? ...

続きを見る

 

3.年間の大事なイベントを入れる

スケジュール管理のツールが決まったら、
年間のはずせないスケジュールから入れていきます。

自分のプライベートの大事なイベント、子供の予定、家族の誕生日、旅行予定など
まだ決まっていなくても、仮予約で入れましょう。

ついつい、自分の事を後回しにしがちですが、
まずはプライベートのイベントから入れてみましょう。

プライベートでなにも予定が思いつかないというあなたは、
相当おつかれですね。

スケジュール管理のコツをつかんで、自由時間を手に入れましょう。

思いついたものでも大丈夫です。
ライブに行きたい、ネイルしたい、習い事したい、ジムに行きたい、
勉強したい事、副業、将来の夢など、やってみたい事を入れてみましょう。

長期間続くことは、目標やゴールの日を入れましょう。

仮予約ですから、2、3日連続で入れるとか、
1週間入れるとか、この月には達成しているはずなど、なんでもありです。

気軽な気持ちで入れましょう。

 

4.月ごとに、具体的な日程に落とし込んでいく。

先程入れた仮予約のスケジュールで、
なんとなく今年のスケジュールができてきましたよね。

ここからは、今月、来月の具体的な日程を落とし込んでいきます。

ここでも、プライベートなイベントから入れます。

予定通りにいかなくてもいいんです。
まずは、入れてみましょう。

その次に、子供や仕事、家事の予定なども入れましょう。

 

5.1日単位で、毎日のルーティン時間を入れる

週表示にして1日単位で、仕事以外の毎日行っているルーティンの時間を入れましょう。
※Googleカレンダーは、繰り返し設定が可能です。

例えば、平日はこのようなルーティンがあります。

・6:00~8:00 朝ご飯の支度、家を出るまでの時間
・8:00~9:00 自宅から会社までの移動時間
・18:00~19:00 会社から自宅までの移動時間
・19:00~22:00 夕飯の支度、片付け、洗濯、お風呂の時間
・24:00~6:00 睡眠の時間

 

ルーティンとは、毎日行っている作業の事で

ルーティンの時間をうめていくと、

1日に使えるのは24時間ではない事が分かりますよね。

このルーティン以外の時間が空いている時間です。

ルーティン以外の時間を有効活用することが必要になります。

 

6.空いている時間にスケジュールを入れる。

ルーティンを入れたら、空いている時間に、
スケジュールを落とし込んでいきましょう。

■仕事のスケジュールを入れる

ここもプライベートからといきたい所ですが、

実際は働かないといけないので、仕事のスケジュールから入れます。

1日に作業する量を見える化しておくと、残作業が明確になります。

イレギュラーな案件が入ったら、別件を明日へ繰り越しもしやすいです。

仕事は、日によって会社で残業する日としない日がありますよね。
また、家に持ち帰って仕事をする日もあるかもしれません。

そして、定時に帰るとしても、かなり詰め込んで仕事をする日など、パターンがあるはずです。

月初や月末はどの会社も忙しいのではないでしょうか。

予測でいいので、今週分、来週分ぐらいまでどんな作業をするのか入れてみましょう。

 

仕事のスケジュールを入れると、
平日に「空いている時間はない」というワーママが多いと思います。

また、夫が単身赴任だったり、土日も自由時間が確保できない場合もありますよね。

どこにも空いてる時間がない場合は、

どこかのスケジュールを削って、時間を作る必要があります。

 

7.削れるスケジュールを探し、交渉・代用する

まずは、削れるスケジュールがないか確認します。

プライベート以外の②~⑥で削れる部分がないか、見直しましょう。

①プライベート:ピンク
②子供:黄色
③会社:青
④家(家事や支払い):緑
⑤夕飯のメニュー:黄緑
⑥ルーティン:グレー

 

①会社の仕事量の見直し

ワーママの扱いに慣れていない会社は、仕事量に問題があることが多いです。

特に小さい会社だと、常に人手不足のため、復帰後も期待されがちです。
サービス残業が常態化している会社もありますよね。

でも、ママは残業したくない。
子供が待ってますから。

あまりにも残業が多い場合は、適正な仕事量にできないか上司に相談しましょう。

※理解できない上司もいるので、
先輩ママや管理部に相談・根回ししてからの交渉をおすすめします。

 

②育児の見直し

夫の帰りが遅い、実家や義実家が遠いなど、

ワンオペ育児ワーママも多いですよね。

平日は無理でも、
土日に子供を遊びに連れてってもらうなど、
夫に頼むのはいかがでしょうか。

・夫と子供で、買い物に行ってもらう。
・夫と子供で、公園や映画館、遊園地などレジャーに行ってもらう。
・夫と子供で、義実家に泊まりに行ってもらう。
・夫と子供で、泊りがけの旅行に行ってもらう。

 

我が家の場合、少なくとも月に1回は夫にお願いしています。

夫と子供が朝行って、帰ってくるのが夕方になるので、
ママはその間が自由時間になります。

 

③家事の見直し

家の家事を全部ママがやっていませんか?

ママも働いているなら、家事は夫と分担したいですよね。

子供が大きくなってきたら、簡単なお手伝いもできるといいですね。

面倒でも、一度、家事分担について家族会議を開きましょう。

夕飯の支度が夫には無理でも、
ゴミ出し、食器洗い、洗濯、お風呂のそうじ、トイレのそうじなどは
だれでもできる作業です。

なんとか粘り強く交渉しましょう。

我が家の場合は、何度言ってもやってくれなかったのですが、
しぶとく交渉して、ゴミ出しだけはやるようになりました。

その他は一切してくれなかったので、夫のものは洗濯しないと宣言して、
洗濯は自分でやるようになりましたよ。

 

夫には頼れない場合、
他の方法で代用できないか、検討してみましょう。

・時短家

食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機、ロボット掃除機で、家事を時短する。

 

・食材宅配サービ

食材宅配サービスで、夕飯を作る時間を時短する。

 

・ネットスーパ

ネットスーパーで、買い物を時短する。

 

・家事代行サービ

家事代行サービスに、エアコンそうじ、お風呂・トイレ掃除など依頼する。

 

8.毎日スケジュール管理をして、見直す

削れるスケジュールを探して、

交渉・代用できたら、空いた時間があなたの自由時間です。

好きな予定を入れましょう。

好きなこと、やりたいこと、将来の夢、これから実現したいことなど、入れてみましょう。

そして、毎日スケジュール管理をして、見直しましょう。

私は毎日4回は、スケジュールをチェックしています。

①毎朝、通勤電車でチェック
②お昼、ランチ中にチェック
③夕方、帰りの電車でチェック
④夜寝る前、チェック

 

毎日スケジュール管理していると、
だんだんスケジュールが予測できるようになってきます。

そして、繰り返す作業がでてきたら、ルーティンにしましょう。

ルーティンになるということは、習慣化されたということです。

「歯磨き」のように意識しないで行動できるので、
とても楽になります。

 

まとめ

 

スケジュール管理のコツは、

1.スケジュール管理の目的を明確にする

2.スケジュール管理のツールを決める

3.年間の大事なイベントを入れる

4.月ごとに、具体的な日程に落とし込んでいく

5.1日単位で、毎日のルーティン時間を入れる

6.空いている時間にスケジュールを入れる

7.削れるスケジュールを探し、交渉・代用する

8.毎日スケジュール管理をして、見直す

 

あなたも、

スケジュール管理のコツをつかんで、自由時間を確保しませんか

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

こちらの本もオススメ

 

本を読むならKindleがオススメ

 

こちらもCHECK

Working-mama-TimeSchedule1
ワーママ1日のタイムスケジュール【両立には手抜きと時短】

  悩むママ毎日、家事・育児・仕事って、忙しすぎて倒れそう。 他のワーママってどうやって両立してるんだろう。 1日のタイムスケジュールどうなってるの?     こんなお悩 ...

続きを見る

 

-スケジュール管理・時短生活

© 2021 シロじゃーなる Powered by AFFINGER5